01月≪  2024年02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫03月
    おいしいもの

    2023'12.07 (木)

    2023年冬 ゆず仕事 備忘録

    今年のゆず仕事の備忘録です。

    ゆずの良い香りに包まれて幸せ気分。
    なんだけど、揮発性ゆずオイルで目がシパシパします。
    近くでストーブを焚いているとガス漏れを疑うような刺激。
    美味しいものを食べたい一心で、寒い中がんばりました。

    作業中は手がヌルヌルでスマホに触れないので、写真は完成品だけです。
    砂糖漬け4㎏×3本、ゆず酢800ml×3本、ゆず果肉(冷凍)500g×8袋、種いっぱい(乾燥)
    ●20231202-1 ●20231202-2 ●20231202-3

    ----------------------------------------

    11月10日~  材料と道具の準備 
    <購入した材料>
    ・砂糖6kg、あら塩1kg、純米酢500ml1本、宝焼酎 果実酒の季節220ml1本
    <お風呂場で中性洗剤で洗った道具>
    ・小さいタライ2個、大きいザル2個、ポリバケツ5個、2段干し網2個、洗濯カゴ4個
    ・ゆず搾り板はタワシで水洗い
      (一昨年、父がありあわせの板60×10×2cm2枚に蝶番をつけて作ってくれた)
      (今後、檜板とステンレス蝶番で作り直す予定)
    <キッチンで塩素で洗った道具〉
    ・野菜ジュース900mlの空ペットボトル×3本
    ・梅酒瓶4リットル×3本
    ・フードプロセッサー、まな板(大小)、包丁

    11月24日  ゆず収穫(父と私) 
     革手袋、剪定鋏、収穫エプロン、浅いダンボール箱4個、踏み台はビールケース2個
     果実150個くらい穫れた(畑の桐箪笥へ一時保管)  果実30個ほどは木に残しておく

    11月29日  ゆず分解 
    【午前】
    <庭で>
    ①ラジオペンチでヘタを取った(父)
    <キッチンで>
    ②10個ずつ水洗い、洗い桶で軍手でこすり→バケツですすぎ(私)
    ③包丁で横半分に切って 30個×中のレジ袋5枚に入れた(父)
    【午後】
    <お風呂場で>(これから先は私だけの作業)
    ④鉄足4本の風呂椅子を斜めにセット、搾り板を乗せ、
     下にタライとザルを入れ、全身を使ってひたすら搾った
     搾り汁は、タライ→バケツ→ペットボトル(7分目×3本)へ移した
     搾りかすは、種(バケツ)と果肉(レジ袋1枚)と外皮(30個×中のレジ袋5枚)に分けた
     外皮と果肉は冷蔵庫野菜室で、種は土間で、一時保管
    <キッチンで>
    ゆず酢
     搾り汁の重さに対して純米酢8%あら塩8%を混ぜて、半地下室へ収納
     (800ml×3本できた)

    11月30日  ゆず分解の続き 
    <キッチンで>
     大きなスプーンで、外皮から渋皮をこそげとり、
     外皮は1kg×6個ビニール袋に入れて冷蔵庫野菜室で、渋皮は畑の温室で一時保管

    12月1日  ゆず漬け込み 
    <キッチンで>
    砂糖漬け
     外皮2kgをフードプロセッサーで細切りにし、砂糖2kgと焼酎少しを混ぜて梅酒瓶へ入れた
     砂糖→外皮→砂糖→外皮→焼酎少し→砂糖→外皮→砂糖→外皮→焼酎少し→砂糖
     これを梅酒瓶3本作って、半地下室へ収納

    12月2日~  あと始末 
    ・果肉はジップロックに入れて冷凍庫に保管(後日ジャムにする)
    ・種はザルで洗って2段干し網に広げ、カーポートに吊るして1週間外干し、
     乾いたらキッチンネットでキッチンに吊るして保管
     (ブルーベリージャムを煮る時ペクチンとして使う)
    ・渋皮は畑のネギの畝間に埋めた(病害虫予防効果あり)
    ・使った道具全部を中性洗剤で洗って、干してかたした(これもけっこうたいへん)

    ----------------------------------------
    ●20231127
    2023年冬は、柚子豊作でした。
    だいたい1年おきかな?
    昨年植木屋さんに剪定を頼んだからかな?
    寒肥えに油粕をいっぱいやったからかな?
    次回も楽しみです(*^_^*)
    ★最後まで読んでくださってありがとうございます。
     ↓応援クリックしていただけるとうれしいです。

       にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーデザインへ      


    20:00  |  コメント(6)  |  トップへ  |  EDIT

    Comment

    ★こんばんは

    ゆず仕事、お疲れさまでした。
    レシピのバリエーションが豊富ですね。
    残念ながら、今年は収穫できません。
    来年に期待です。
    と言っても、自分で作るのはゆず酒くらいです。
    ichan   
     2023年12月07日(木) 20:56 | URL | コメント編集

    お疲れ様でした。
    柚子の量が多いから柚子仕事も半端なく多いですね。
    これで今年も風邪なんて寄せ付けないかも。
    それにしても多い・・・
    太巻きおばば   
     2023年12月08日(金) 06:44 | URL | コメント編集

    ★ichanさんへ

    ありがとうございます。
    ゆず砂糖漬けには腐敗防止に焼酎を少し入れますが、
    今年は少し多めに入れたので、
    もしかしたらゆず酒になっちゃうかもしれません(^-^;
    あとで少しずつ出して、お鍋で煮てジャムにして食べます。
    その時にアルコールは飛びますので、
    アルコールアレルギーの私でも大丈夫です。
    おはな   
     2023年12月08日(金) 19:24 | URL | コメント編集

    ★太巻きおばばさんへ

    はい!疲れました!大仕事でした!
    ゆずの豊作は2年ごとらしいので、
    再来年もやるのかと思うと、正直言ってぞっとします。
    でも2年経つとたいへんなのは忘れちゃうかな。
    美味しいから、きっとまたがんばるのでしょうね。
    生きることは食べることと見つけたり。ウフフ。

    母が残してくれた柚子の木なので、せっかくの実りを無駄にしたくないです。
    おはな   
     2023年12月08日(金) 19:32 | URL | コメント編集

    ★豊かなるもの。

    ゆづ仕事 お疲れ様でした。 お父さんとの二人三脚が
    羨ましかったです。 保存されたそれらは きっとお二人の
    健康を支える食べものなのですね。
    お母さんも守ってくれた居ると思いましたよ。
    遠音   
     2023年12月09日(土) 22:42 | URL | コメント編集

    ★遠音さんへ

    両親とも柑橘類が大好きで、畑を始めた時にいろいろ木を植えました。
    柚子の木は、植えてから実るまで長い年月がかかります。
    このごろやっと柚子のおいしい食べ方をマスターしました。
    母にも食べさせてあげたいと、しみじみ思います。
    父が、母の綿入れはんてんを着て食べてくれます。
    おはな   
     2023年12月10日(日) 12:02 | URL | コメント編集

    コメントを投稿する


     管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

    ▲PageTop

     | HOME |